保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
妊娠初期の保育士実体験!

妊娠がわかり、病院に行った辺りの話

検査薬を使ったのは年末。今年の保育終了日の翌日の朝でした。ということで、病院に次の日行く!ということができません。この、なんともいえない感じが年末年始とっても精神的に大変だったように思います。
だって、ヤッター!と喜んでも、もしかしたら子宮外妊娠とかかもしれない。(子宮外妊娠、異所性妊娠でも検査薬に反応はしますから…)
なので、うれしいはずなんだけれどすぐに『ちゃんと妊娠しているか』を確かめられないまま年末年始の忙しい時期に突入してしまうことが結構不安でした^^;
実家帰省を2日ほどで切り上げ、今度は旦那の実家のお正月に行く予定です。
親戚が集まるのに、お酒を断るのが大変そうだなぁと思ったし、すでにちょっとツワリの走りのような、気持ちが悪い感覚が来てたんですよね。
なので、正月休み明けにすぐに病院に行くんですけれど・・・という感じで、義母には伝えました。
そのおかげで、おじいちゃんの『ビールのめ!』攻撃に対しては、お母さんが『お父さんやめて!!!』とビシッと言ってくださって有難かったです(笑)
よく雑誌には、義父母や親戚には安定期(5ヶ月)、もしくはせめて12週を過ぎて初期流産の危険が減ってから伝える・・・と書いてあります。
初期の流産はママの動きやなんかに関係なく、遺伝子の初期不良というか、胎児側の問題で自然淘汰されての流産がほとんどだといいますし、実に良く起こることだからというのが理由だそうですが・・・。
今回のようにここぞというときの味方が欲しいというときには、非常に限られた一部の人に対しては妊娠の可能性を伝えておくのはアリかなと思いました。
実際、正月休み明けに有休を取り産婦人科に行くときにも、義母に車で送ってもらえました。月曜だったので、タクシーか自転車で行かなきゃならない予定だったので、とても有難かったです。

病院では・・・

自分で、最終月経の開始日から数えると、病院に行った日が5週目に入った日でしたが、ひとまずお医者さんの暫定は『4週1日目』でした。
私のように生理周期が長い人は、最近では最終月経の開始日から週数を数えるのではなく、暫定の排卵日を2週として週数を数え始めるんだそうです。

テルモ 基礎体温表 ウーマンドシー BOOK

新品価格
¥212から
(2018/2/24 11:24時点)


パーッと体温が高温期に上がっていった日もちゃんと記録できていたので、持参したその基礎体温表を見て『たぶんこの日からこの日あたりが排卵日ですね』とお医者さんは言ってくれました。
ちなみにテルモの電子婦人体温計を購入し使っていましたが、病院に行くときのために紙の基礎体温表も買って、転記しておきました。
で、不安をたくさん抱えつつの初エコー、4週1日目だけれど、ちゃんと胎嚢(たいのう:赤ちゃんの袋)がしっかりと見え、ああ、ちゃんと子宮内にありますね、臨床的に妊娠しているというのは確定ですね。と言ってもらえました。
もちろん、まだまだ流産の危険が去ったわけではありません。
次の診察は2週間後ですが、その間にも仕事始めがやってきます。