保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
妊娠初期の保育士実体験!

さぁ『妊婦』が保育現場に立ったとき!

改めて臨床的ですが『妊婦さん』となっての仕事始め・・・。
今まで、自宅から2キロの道のりを、今までは自転車で通勤していましたが、義母が車で送迎してくれることになりました。これは非常にありがたかったです。
やっぱり、朝の通勤は、決まった時間までに職場に到着しなくちゃならないプレッシャーがありますから…。
途中で具合が悪くなったら?出血したら?気をつけすぎてのろのろ運転でぶつけられたら?遅刻しちゃったら?と色々考えてたので、感謝感謝です。
職場では朝一に園長に年始の挨拶のついでに、こそっと報告しました。
やっぱり4週目ということで、早すぎるので朝礼等での全体発表はまだ出来ないということでした。
もちろんそこまでは想定どおりです。ただ、徐々に具合の悪さを感じてきていたし、フリー保育士という立場上重たい器具を運んだり、行事の準備で脚立に上ったりと、避けたい動作が多かったので、限られた要所要所の先生には園長から伝えてもらえることになりました。
なので、私は、どの先生に自分の妊娠が伝わっているかわかりません。一人だけ、二人きりになったときに『お腹に力入らないで一緒に運べる?』と、ベビーラックを移動する作業をやったときに声をかけていただけて、ちょっとほっとしたのを覚えています。
やっぱり、保育士は体をハードに動かすのが基本の仕事なので、12週を待つという悠長なことはしないで、一番偉い人にはひとまず伝えても良いかな?と感じました。
そして、マナーとして、自分からあちこちに広めるのはNGだと改めて思いましたね。
上司のタイミングだってありますから・・・。

年長さんの『なんで走れないの?』にどう答えよう??

これも、結構悩みました。
私は年長クラスの担任が休憩を取る際にクラスに担任代わりに入る業務もやっていて、昼に園庭遊びをさせることがメインなんですが、
『リレーやろう!』
『鬼ごっこしよう!』
としきりに誘われます。
園長と副園長からは残念なことに『子どもには一切余計なことは言わないように』といわれてしまったので、お腹に赤ちゃんがいるから走れないんだよ~と本当のことが言えません。
(キリスト教系の福祉施設では、命の教育といって、こういうことは積極的に子どもに知らせてよい機会として生かすのだそうですが・・・市立保育園ではNGでした。余計なこと、なのかぁとちょっと寂しかった・・・。)
なので、今日はちょっとお腹が痛いから走れないんだよ、鉄棒出来ないんだよ、などなど『お腹が痛い、お腹が痛くなっちゃう』といってごまかしました。
<% module(アフィb:バナー妊娠線クリーム) %>
このころ季節がらも相まって乾燥もあったのか、お腹がかゆいような痛いような、腹巻がこすれてかゆくなるほど皮膚が敏感になりました。ちょっと早い気もしましたが、妊娠線クリームを塗ってます。
元々体を動かすのは好きですし、リレーや鬼ごっこでは一切子どもに容赦しないのがエリー先生のウリなので、よく競争を求められたので、走れないというと残念がられました。
また、赤ちゃんだろうが年長だろうが抱っこもおんぶもよくやっていたので、それが好きでくっついてくる子たちには、今までどおりに接して上げられないのが個人的に心が痛みました。

妊娠したことで、保育中にも心境に変化が・・・

もちろん妊娠する前からも、子どもは大好きだからこそ保育士をしていますが、妊娠してからはやたらに無性にどんな子も、更に愛おしくなりハグをしまくるようになりました(笑)
img/pict2-142363-compressor.jpg” alt=”” />
また、今までよりもっと寛大な気持ちで声がけを出来るようになったと思います。これって、結構保育士としては良い変化というか、プラスだなと思いました。

ちょっと辛いぞ、いろんなニオイ。。。

反対に苦戦したのが、園内にあふれるさまざまな匂いでした。
給食のニオイ
部屋のニオイ
ふとんのニオイ
トイレのニオイ
消毒用のアルコールのニオイ
業者のおじさんのニオイ・・・(笑)
このころ私が「気持ち悪い!いやだな!」と感じたのは、空腹時に漂ってくる給食のニオイ。そして、消毒のアルコールのニオイでした。
主に補助に入る1歳児クラスでは、トイレトレーニングの真っ最中なので、お漏らしはよくあります。
消毒のアルコールが欠かせないですが、それをシュシュシュ!と振りまいた後に気化したアルコールがあたりに立ち込めると、思わず閉口してしまいました・・・。笑
また、トイレの一角に使ったオムツの置き場(バケツが並んでいる)があるんですが、そこのニオイも地味に苦しさを覚えました。こればかりは避けられませんから、マスクをして、更に息を止めてこらえました。
給食のニオイも結構やっかいで・・・福祉系の施設は、子どもの施設にしろ老人介護形の施設にしろ、生活のニオイが屋内にこもりやすいんですよね。
食事のニオイは、窓でも開けない限り結構残っているものなので、これもちょっと辛かった。
まだまだ今のところ(~5週)、ニオイでオエっとはならないし、吐き悪阻ではないので何とかなってますが、これから週数が進んでいったらどうなるんだろう・・・???と今からちょいっと心配です^^;

次の記事はこちら↓

つわり 保育士 初期 妊娠 退職