保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
妊娠初期の保育士実体験!

妊娠6~7週目、どうやって乗り切ろう

さて、園長とごく一部の先生に私のご懐妊が伝えられ、自分も自分なりにそろりそろりと気をつけながらの保育士生活がスタートです。

季節は冬…年明けの保育園はインフルエンザとおう吐下痢症が大流行…!(>_<;) 現場の先生が皆、私が初期の妊婦だとは知りませんので、おう吐やなんかの処置・対応もやりました。

マスクでしっかり病気予防!体力の低下も実感…

もちろん私は、給食の時以外マスクをほとんど外さないように、細心の注意を払いつつです。

マスクは玄関に常備!毎日使っていました。

ふつうに動いて過ごしていても、家に帰る頃には『ぜーぜーハァハァ』息が上がる状態。

さらに私は元々持病として、不整脈と狭心症を持っています。なので妊娠前も無理をすると動悸が激しくなったりすることがありました(・_・;)

仕事が終わって家に帰る頃や、夜ベッドに入るとこれまたほぼ毎日、体が揺れるように感じるほどの動悸がして、一気に体力が落ちているというのが実感できました。

一説には、妊娠中って『なんにもしていなくても妊娠中・特に初期の妊婦さんは、日々絶えず登山をしていると同等の体力の消耗をしている』というのも聞いたことがあったんですが、本当にそうなのかも…と思うくらい。

お腹の中で、急速に命を育てている。

自分の血流をぐいぐい分けて大きくする、山登りレベルの営み。

山を登って、フルタイムで仕事、そして家事…ちょっとハードだなぁ…(笑)

相変わらず『エリー先生は走れないよ』といい続ける笑

やっぱり遊びたい盛りの子どもたちですから、先生とも一緒に駆け回りたいんですよね…;

妊娠6~7週となると、なんだか4~5週のときよりも更に日中の気持ち悪さとゲップが増え、動くのがたる~くなっていました汗

外遊びに出ても、つい、砂場のヘリやなんかに腰掛けてしまいまって…立ったままや、歩きっぱなしがツライ…。

ここら辺は個人差があると思いますが、エリー個人は、結構しんどいなぁという感じ。

くらりんくらりんと、めまいもよく感じました。

なんだか、風邪とかで発熱しているような、息の上がり方というか全身の倦怠感…って感じでした。

背中側からドン!当ってくる子、しがみつく子、年長さんでもやっぱりいました汗

エリー

ぶつかってくるのは痛いからイヤだよ、やめて!とこまめに伝えたり、足や腕にぶら下がってくる子には抵抗せずに自分もしゃがみ込み、身体に重さがかからないようにしていました

乳児のクラスではというと、大きめの子(1歳後半~3歳とか)はできるだけ抱っこはしないようにして、せがまれたら座って抱っこしてあげました。

あと、体をひねる動きをするとちょっと気持ち悪くなったり、下っ腹がぴーんと釣ったような痛みを感じることがあって怖かった!

座っていても私の腕や肩に体重をかけてくる子には、その加重に逆らうことなく腕を流して重さを強く受け止めないようにしました。

進むつわり…給食はどうしよう?

この頃、一気に食べ物の好みが変わってきました。

白いご飯が食べられる確立が減り、魚全般が飲み込めなくなってきて、食べれるものは食べれるけれど、ダメだったときにはほぼ手付かずにしなくてはならないほど。

それに、「一人前の量」が、苦しくて食べられなくなっていました。

困ったのは、給食。白いご飯が多いですから、さぁ困った(笑)

食べられるものが減っていったり変わっても、なんだかんだ家では残せるし、一口食べてみて「だめだ~ハズレだった!」となっても旦那に食べてもらえるのでいいのですけれど、給食だとそうはいきません。

赤ちゃん組だとまだいいですが、もし給食の補助に入るのが幼児組なら「残さず食べようね!」という側の先生が主食にノータッチというわけには…ね。

それに食事のあとは、吐くまでは行きませんが具合の悪さを強く感じるときもあって、結構不安でした。

Q:つわりで食事を残したいけど残せないのがツライ!どうしよう?

これは園長に相談しました。

私は担任ではないフリー保育士なので、担任のように決まったクラスで食べなくちゃならないというわけではありません。

補助として配膳を手伝ったりして、その流れで自分の分の給食もクラスに持ち込み、一緒にいただきますをして食べるという感じ。

これが私の普段の流れで、1歳児クラスでは子どもの食事介助をしつつ自分もかき込むようにして食べるので、少々お残ししてもササッとお皿を自分で下げれば、何とかなりました。

ですが幼児クラスではこうは行かない!「あー先生残してるっ!」ってなるのでw

小さい幼児用椅子に座って小さい机に向かい、ちぢこまって食事をするので、その点も気持ち悪くなりそうで気がかりでした。

そこで園長に相談し、自分の休憩時間の一部を先にもらい、休憩室で一人で給食を食べることにしました。

これなら、食べられないものがあれば残せるし、万が一途中で具合が悪くなっても自由にトイレに駆け込めます。

子どもと一緒にいない時間は、勤務時間ではなく休憩時間とみなすいう職場の条件も話し合い、私も納得して、1時間の休憩のうち15~20分を先に取る事で解決しました。

Q:1人前が食べきれず、夕方お腹が空いてきちゃう!対策は?

この頃、ちょっと食べつわり傾向だったと思います。

でも、食べてもすっきり気持ちわるさがスッキリ!とはならないのですが、お腹が全く空っぽだと、ぐらぐらっと立ちくらみがしちゃって。

なので、ちょっとした食べ物を持参するようにしました。

  • その日の給食がハズレばかりで半分も食べられなかったようなときの補填
  • 夕方お腹が空きすぎて気持ち悪くならないため

この2点のために、です。

よく持っていったものは以下の通り。

  • ゆかりのおにぎり(手作り・小さめ)3~4個
  • ファミリーパックの柿の種(おつまみで出てくるあのサイズ)1つ
  • バームクーヘン(個包装)
  • サンドイッチ(たまご)

これを、1種類ではなく、毎日2~3種類もっていきました。

なぜかというと、私のつわりのタイプはかなりひんぱんに好みが変わってしまったからです。

エリー

昨日大丈夫でも今日はダメかもしれない、こないだダメだったけど今日はいけた。そういうことが多かったので、念のため!

食べるタイミングは、

  • 給食が足りないなら、食べ終わりに足すように
  • 夕方の延長保育に入る直前(15時半~16時頃)
  • 仕事が終わり、着替えているロッカールームで

こんなタイミングで食べていました。

延長保育に入る前と、帰る直前はほぼ毎回食べましたね。

延長保育はほぼ同じ保育室に入りっぱなしになるので、トイレにもどこにも簡単に抜けられません。なので、その直前にサッと食べていました。

またロッカールームで食べていた理由は、仕事が終わりほっとした瞬間からどっと疲れて具合が悪くなり、義母に送ってもらっている帰りの車中で何度もウッとなったりしたためです…。

ロッカールームで、柿の種の封を切ってザーッと口に流し込み、バリバリもしゃもしゃ食べてから、お疲れ様でーす!と帰るのが定番になっていました(笑)

あわせて読みたい
8~10週、なんと切迫流産で休職!元気に3月末まで保育士をやりたいというのが、気持ち的にもお財布的にも自分の希望なんですが、ちょっと無理をしちゃったようです…。 思い当た...