保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
おしゃれ先生身だしなみ&グッズ選びのコツ

保育士さんの『服装自由』の本当の意味とは?ふさわしい服装を具体的に紹介【保育士実践】

保育士さんが制服があることは稀です。

よっぽど企業の託児所の保育士とか私立園、チェーン企業のナーサリーとかでないと、決まった制服は保育士さんにはありません。

なので、『服装は自由です』といわれることが多いし、そもそも何も言われないこともあります。

そういう時に実習に来た学生さんや若い新卒の先生はコンビニバイトや、カラオケ店のバイトのような『自由』を思い浮かべてしまうことが時々あります。

違いますよーーーーー!(笑)

いうなれば、結婚式のときに『平服でお越しください』と書いてあるようなのと同じ。何でもいいわけではありません。

ただ表面上は何も言われないことが多いです。だからってOKでも無いです。(難しいしめんどくさいですよね、この感じ・・・^^;)

保育園側も特に指定してないからこそ、結果的に軽いバイトのような自由な格好で赴いても、直接は言ってこないですが、陰では絶対に言われます・・・。

この記事では「保育士の服装、どんなものがふさわしい?」についてまとめてあります。

「保育士は誰に見られるか、どんな作業をするか」を考える

どんな仕事にも、ふさわしい服装があります。

例えば銀行員は

  • 『信頼感』を持ってもらう
  • 『安心感』を相手に与える

ように身だしなみを整えます。

それに対して、イベントコンパニオンや、パチンコ屋さんのスタッフなどは、

  • お客さんをエスコートしたりという『キチンと感』
  • 華やかに場を盛り上げる『華やぎ感』

を相手に与えるように身だしなみを整えます。

ヘアカラーなんかの許容範囲も、変わってくることはわかりますよね?

じゃあ、保育士はどうでしょう?

関わる対象はまず『子ども』、『父母、祖父母など幅広い年代の保護者』と『幅広い年代の同僚』です。

保育園は、子どもを安全で快適な衛生的な環境で保育をする場所

ですからそこに所属している保育士も、そのカラーになじむものの方がしっくりきますね。

自分と子ども両方の安全のためアクセサリーは×

結婚指輪は認められていることがほとんどですが、デザインには気を遣ったほうが無難。

ファッションリングや縦爪の婚約指輪なんてもってのほかです。

また、イヤリングやピアスは脱落の危険が。

何が怖いって、まずイヤリングは

  • 落ちたイヤリングを子どもに誤食されるおそれ
  • 落ちたイヤリングを踏んでケガをするおそれ
  • イヤリングを無くして自分がへこむおそれ(笑)

があります。

ピアスには

  • 落ちたピアスを子どもに誤食されるおそれ
  • ピアスを無くして自分がへこむおそれ(笑)
  • 着用時に引っ張られて、耳が裂けるおそれ

がありますね。

アクセサリーは金属製がほとんど。誤食されると喉に刺さったりもするので大変危険です。

あわせて読みたい
結婚指輪は付けてていいの?結婚指輪。 もしあなたがOLさんなら、なんの問題もない話題です。 既婚者なら、つけていて普通だし、手元が煩わしくてつけていないという人...

快適に動き回るためにパンツスタイルが◎

年数を経て現場に慣れれば、スポーツカジュアルのスカート付きレギパン等もありなんでしょうが、現場の雰囲気にもよります。

まずはシンプルにパンツスタイルで行けば間違いありません。

ジャージNGの園もありますので、そんな時はストレッチ性のあるチノパンがおすすめです。

行事の時にも違和感がありません。黒でもOK。

ヘアスタイルはシンプルに。機能性がいちばん。

衛生的であるためにも、髪は振り乱さずキチンとまとめ、子どもを抱っこしたときにかからないようにしましょう。

また、痛んだ髪は汚らしく見えるので、明るすぎるヘアカラーや巻き髪のパーマで個性を出すのは、ず~っと後でいいです。(やらなくてもいいくらい

まずは清潔であること!これが一番です。

靴はきちんと歩けて、走れるもので

忘れてならないのが靴。

ちなみにですが、クロックスは運動靴ではなく『サンダル』ですし、職場にはカジュアルすぎます。

水遊びの場面やプールサイドで使うサンダルを用意する際にはいいのですが、お散歩や野外活動、園庭での外遊びでクロックスは避けるのが無難。

砂も入り込みやすいし、脱げやすいです。

実際、私の園では園児の保護者に「子どもにクロックスを履かせないでください」と注意喚起しています。

あわせて読みたい
保育士の外靴、どんなのがベター?屋外活動は、保育園で欠かせません。 通勤の時の靴と兼ねてもいいですが、保育士としてのお仕事をするなら、ぜひ仕事用の運動靴を用意してほしい...

服装は最初は慎重すぎるくらいが安全かも

まずはシンプルに身の回りを整えるようにして、強い個性を服装や髪型で表現しようとしないこと。

次に、その職場にいる保育士の先輩がたの服装をいきなり真似しすぎないこと。

二つ目については非常に理不尽だなぁとも思うのですが…以前働いていた職場で、先輩保育士が使っていたのと同じような髪留めを使ったら、私だけ主任に呼び出されて注意されたことがありました。

あわせて読みたい
常識って何?保育園の暗黙の了解【保育士実録経験談】最初の職場では、上の方の保育士や主任、理事長に大変嫌われてしまい、身体も壊し、退職をすることになりました。 http://enjo...

ぜひ、いきなり陰口から保育士ライフがスタートしないように、ちょっとだけ気にしてみてくださいね…!