保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
保育士の転職事情!

先生の円滑な転職時期って?

円満な退職のために、退職する時期って大事です。
一にも二にも、保育士の職場は大抵人不足。
引き留めにあうことも多いと思いますしそれによって予定よりも退職日がずるずる延びてしまうことだってあります。
そして、「時期」を間違えれば、何でこんな忙しい時期に辞めるの!と同僚から反感を買ってしまうこともあります。
保育士の世界は案外横のつながりがあるもので、実は○○園の△△先生と、□□園の園長先生は学友!というような話がわりとあります。ほんとに。
なので、転職を視野に入れている場合には、より一層円満に退職して次へスムーズにステップしていけるように気を配りましょう。

保育園の保育士が円満に退職できる時期とは?

それはずばり3月末です。
保育園の年間行事は、4月1日から始まり3月末で終わります。
担任はもちろん、受け持ちの子供たちの一年の保育を責任を持って担当するのが基本。
年度途中での職員入れ替わりは園側は非常に嫌がります。
そして、これは特に幼児クラスでは顕著です。
大抵、年少・年中・年長の幼児クラスは、一人担任制ですので、保護者からの反応等も園側は気にして、年度途中での担任交代劇はしたがりません。
それゆえ、幼児クラスの担任は子供も年度途中に作るな!と園長に圧力をかけられることもよく聞きます。

とある先生の体験談なのですが、冬になり園長から「来年度の人事案で年長組担任をやってもらうので、子供は作らないで欲しい」とはっきり言われたそうです。
その先生は3人目の子供が欲しいと強く望んでいて、最近同僚にもそんな話をしていたところでした。
結局彼女は政令都市の(日本三大都市とも言われる大きな都市です)市の公務員という安定した職を捨て、近隣都市の市の非常勤職員として、フルタイムパートで保育士をすることにしました。

3月末ですと、どのみち進級や卒園、クラス替えや人事組み換え・担任再配置などがありますから、園児や保護者にかける心的負担も一番軽く出来ます。
事実、働き始める人も、退職する人も年度代わりのときが一番多いですね。
当然この時期を目掛けて求人数も一番増えますから転職もねらい目です。

年度代わり以外にも、ねらい目は初夏!

妊娠出産、結婚退職引越しや病気になったなどなど、年度代わりまで待てない!という人もいると思いますので、次点として初夏もオススメしておきます。

ひとつはボーナスがある職場ならボーナス後ということ。
もうひとつは、運動会という大きな大きな行事にかぶらないということです。
運動会は10月の頭に行う園が多いんですが、その準備は1ヶ月以上前から始まります。
普段と違う内容で保育し、練習に練習を重ねるこの行事は冬に行われるお遊戯会・生活発表会に並ぶ一大イベント。先生達も気合が入りますし、準備に余念がありません。
子どもたちにとって大変な練習を、根気よく毎日するため、しっかりと担任と園児のコミニュケーションが整い、信頼関係がないとなかなか難しいんです。
6月頃に退職し、代わりの人員が見つかれば、そこから新しい先生との夏のプール遊び、身体を動かす屋外遊びや遠足等を経て信頼関係は築きやすくなり、9月から始まる行事の練習にもなんとかなる、というわけです。
img/pict-4075437802_f9b4fd9067_m.jpg” alt=”” />
逆に、9月から運動会の練習が始まるから9月頭に退職~なんて考えたら、夏を楽しくあなたと過ごし、絆が出来上がってきた子供はいきなり見知らぬ担任と過酷な練習をしなくてはならないので、けっこうツライです。

保育士として子供の成長を第一に考えていればこそ、自分の次に子どもたちを引っ張っていく先生への出来うる限りのフォローとして「信頼関係を作る時間を考えてバトンタッチをする」というのを頭に入れて置いてくださいね。

 

img/pict-081807.png” />



転職支援サイトなどを利用し、フォローしてもらうと楽

自分の今の仕事で手一杯だと、希望の時期に向けて求職活動をする・希望の条件をじっくり見定めるというのはけっこうな労力です。
今は、自分がお仕事中でも、転職活動をサポートしてくれるサービスが色々ありますから利用しない手はありません。
交渉し、より良い条件で転職が決まることもありますから、いくつか登録し比較してみるという使い方をオススメします。
(同じ職場でもハローワークでは自給1,000円だけど、斡旋してもらったら1,200円なんてこともあるもんです)