保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
保育士の転職事情!

主婦時間帯のパートは保育士でも争奪戦!どうすればいい?

保育士は妊娠出産後も食いっぱぐれない資格として、資格情報誌にもよく取り上げられている人気資格の一つです。
ですが、同じように考えている人が多いのもまた事実。主婦が都合よく働きたい時間帯というのは、同じように働きたい主婦が多くて、けっこう争奪戦です。

私は今まで、10時半~18時半という時間帯で働いてきました。
10時半から出勤し、フリー保育士として。
子供たちの午後活動(お昼寝明け)からは、1歳児専属フリー保育士、
そして16時~退勤までは、1歳児専任延長保育士としてです。

まだ子供はいませんでしたが、新婚で不慣れな家事をしっかりやりたいという理由で朝遅めの時間帯でパートを探していたんです。そして、市役所の児童課の窓口で即決、上記のような時間帯で働くことが出来ました。

そもそも、10時~16時は本来求人は少ない

保育園が人を欲しがる時間帯は、早朝保育か延長保育が最も多いんです。
園によっても違いますが。私が働いていた園では、早朝7時15分から保育が始まります。そして、夕方は19時15分まで預かります。なので、施設自体は12時間稼動していることになります。
子供を預かるときと返すときは、保護者から体調面などの言伝があったり、子供が分離不安で泣いたり、はたまた日中の報告をしたりと、けっこう個々の保護者に関わる機会が多く、ばたばたします。そういう状況ではありますが、保育が、子供を見る目がおろそかになるわけにも行かないので、人員を揃えて園は構えます。
なので、ハローワークの求人も、けっこうこの「早朝」「延長」のパートや、それにかかるフルタイムが多いかなと思います。
保育園の生活は乳児組が大体11時頃から給食が始まり、12時頃にはお昼寝になりますし、幼児組も12時頃には給食が始まります。ひとところに子供が集まっていればあまり人が必要ではなくなるので、先生達はこのお昼寝の時間等に交代で休憩を取ります。
だから、飲食店で主婦向けの時間としてパート募集しているような10時~14時はほぼ無い!と言って差し支えありません。
なので、オススメはその時間より前か後ろに自分の妥協時間を延ばして探すことと、プラス自分に付加価値をつけることです。
ないない!といっても保育士は人手不足であるのには変わりありません。例えば、給食中などでも目が離せないADHD児(注意欠陥多動性障害児)などもいます。こうなると、加配保育の心得のある先生が補助に欲しくなります。
そういう需要に自分がピッタリはまれるようになれば、まさに食いっぱぐれなしになれるんです☆
多様な働き方をしたいなら、自分が多様性のある先生になるのが一番の近道ですよ♪
是非スキルアップして、どこに行っても重宝がられる先生になってくださいね!