高待遇案件多数!保育士の転職なら

登録完全無料、お悩み相談だけでもOKの保育士専門転職エージェント

話題の「ほいぷら」を見てみる

「保育現場判断」の加配保育とは?手帳の無い当該児へのアプローチ

実践ほいくのコツ、実例集
この記事は約2分で読めます。

この記事では、現場レベルでは加配保育がどのように行われているか?手帳を持っていないグレーゾーンの子どもへの対応について書いています。

スポンサーリンク

認めない親のために、独自に加配対策をせざるを得ない保育現場

認可保育園では加配保育は本来、「障がい児3名に付き加配保育士1名」が基準といわれていました。

ですが、保護者が認めず、障がい者認定を受けていない(療育手帳等も持っていない)グレーゾーンの子ども達が増えてきて、もはや厳密に基準が守れなくなってきています。

グレーゾーン(軽度発達障害・知的障害)の子どもが増えている?その理由を解説!
保育園には昔よりグレーゾーンと呼ばれる、軽度発達障害または知的障がい児が増えてきているといわれています。

加配保育士にクラスに入ってもらい補助をしてもらわないと、通常のクラス運営が成り立たないという現状がそこにはあります。

保育士は経験的にグレーゾーンの子がわかるようになる

保育士は多くの子どもを見ますよね。

主任保育士や副園長・園長クラスになれば、子どもの普段の様子を見れば「あ、もしかしたら…」と判断が付くようになってきます。

そこで、園はグレーゾーンの子の程度と状況によって加配保育士をつけたりします。

加配保育士が用意できないときは、補助の保育士をクラスにつけたりするんです。

スポンサーリンク

加配の知識はフリー保育士みんなが基礎的に持っていたい

もちろん、専門の加配知識を持つ保育士が障がい児(とグレーゾーンの子)に付くのがベスト。

ただ加配保育士の絶対数が少ないことや、グレーゾーンの子は自治体が存在を把握できないので、保育園では正式に加配保育士をつける措置が取れません。

なので最低限、「ADHDや自閉症といった代表的な発達障害の知識」や「対応の仕方」をフリー保育士や補助の保育士が共有し、加配業務にも対応できるようになると、現場はとても助かります。

  • 「専門的なことはわからない」
  • 「自分は加配保育士じゃないから・・・」

と思わずに、知識を持とうという意識をぜひ持っていてくださいね。

ADHD児や自閉症児に寄り添う加配保育士の仕事内容となり方まとめ
アレルギー対策や事故実例、ケンカの仲裁、オムツ替え、実習でもすぐに役立つような保育技術実践のコツです。
ADHD児や自閉症児に付けられる加配(かはい)保育とは?資格は必要?
アレルギー対策や事故実例、ケンカの仲裁、オムツ替え、実習でもすぐに役立つような保育技術実践のコツです。
タイトルとURLをコピーしました