保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
実践ほいくのコツ、実例集

先生だって熱中症対策!(水分補給)

保育している子どもに、夏の時期に特に気遣うところってなんでしょう?
水分補給、そして熱中症対策です。
そして、同じ条件下で活動している保育士も同様に、しっかりと熱中症対策を取らなくてはいけません。

熱中症予防は、こまめな水分補給が大事!

園の給食やおやつの場面でお茶を子供達と一緒に取ることはありますが、子どもと同じ量、タイミングでは大人には、ちょっと足りないです。
出来れば、喉が渇いたな、と思う少し前に少量の水分を取るようにしてください。
そして、常温の飲み物よりは、冷蔵庫に入っている程度の冷たさの飲み物が熱を持った身体に吸収されやすく、熱中症対策には有効です。

機能性水筒を有効に活用しよう

お値段はそこそこしますが、しっかりと保温・保冷の効く水筒に飲み物を入れて持ち歩くと、すぐに冷たいものが飲めて便利です。
あれこれ試したんですが、例に上げるとするならば、サーモスや、象印の魔法瓶水筒です。ほんとに冷たさが続く!

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 500ml パールホワイト JNL-502 PRW

新品価格
¥2,120から
(2018/2/28 11:51時点)

象印(ZOJIRUSHI) 水筒 直飲み ステンレスマグ 600ml ピンクゴールド SM-LB60-NP

新品価格
¥2,184から
(2018/2/28 11:53時点)


いくつか私も使ってきましたが、前に使ってたのは象印、そして今使っているサーモスの500mlマグが一番保冷性に優れていて、毎日持ち歩いています。それなりのお値段のものは、横になっても水漏れしません。
保冷性と水漏れしないかどうかが、この手の商品の価格差によく現れると思います。
長く使え、書類やカバンの中を濡らしたくないなら、そこそこのお値段のものを選んでみると、満足できると思います。

中身は何をいれたらいい?

熱中症対策となると、スポーツ飲料を思い浮かべる人が多いでしょうが、水筒に入れて持ち歩く飲み物は、水・お茶がいいでしょう。
確かに、スポーツドリンクには、汗とともに体から奪われやすい電解質や塩分が含まれています。しかし、水筒に入れてちょこちょこ飲むと、想像以上にその味に喉が乾きます。
普段の夏の保育園の活動(子どもと一緒に活動)程度なら、水・お茶で十分だと思います。
もし、行事の準備などで大人だけで数時間外で活動しっぱなし・・・
という状況なら、飲み物とは別に、「塩飴」「塩分タブレット」といった塩分などを補給するものを用意したほうがベターです。

森永製菓 ウイダーinタブレット塩分プラス 80g×6袋

新品価格
¥850から
(2018/2/28 11:57時点)

カムカム熱中タブレット【ボトル入200粒】~熱中症対策用・おいしい塩ラムネタブレットです

新品価格
¥1,100から
(2018/2/28 11:57時点)


熱中症、ならないように気を付けて元気に活動してください!