保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
実践ほいくのコツ、実例集

園でのキャラクターものについて

園によって、保育の方針等は大きく変わります。
「キャラクター」ものの扱いも、園によっては非常にシビアに認識されていることがあります。
今までに経験してきた例を紹介します。

キャラクターものの取り扱いについて

・既存のキャラクター小物を使わない、子どもにも持たせない

保育士のエプロンや靴下に至るまで、既存のキャラクターを一切排除するという方針の園もあります。
流行りもの(プリキュア・仮面ライダー、妖怪ウォッチやポケモン)はNGで、ジブリ・ディズニー・アンパンマンなどの、普遍的な定番はOKという園もあります。
話がそれますが、こういった園は、保育士に幼児語を使わせない(マンマ、ブーブー、ワンワンなど)という方針を持っていることもあります。
こればかりはどうして?と言われても、園の方針ですとしか答えようがないです・・・。
私は個人的には、流行りものはあまり持たず、定番ものは少し持つタイプの保育士です。
それは、流行りものに頼って、自分の保育士の技量・・・(泣き止ませたり等の)が鈍ってしまったり、レベルアップを図れなくなってしまうと思うからです。
img/s-245688.jpg” alt=”” />
優れた保育士は、どんな場所でも、キャラクターものに頼らなくても、子どもをあやせるし、うまく誘導したりできると思うからです。
できることなら、皆さんには『どこでも通用する、胸を張って誇れる保育士』になって欲しいと思っています。

版権の問題もある

保育園や託児所で、ぬりえを子ども達に与えて塗らせる事があると思います。市販のぬりえ本をコピーして子どもに配ることが多いかと思います。

サンスター B5ぬりえ それいけ!アンパンマン橙(単JAN) アンパンマン 4620009H

新品価格
¥181から
(2018/2/28 12:13時点)


アンパンマンの作者:やなせたかしさんは、子どものものについての版権はとても寛容な方で知られていますね。特に問題なく使用できると思います。
…あ、ディズニーのものは、絶対にやめておいたほうがいいです。
ディズニーは、版権問題にめちゃめちゃシビアです(笑)
保育園ではないですが、私が企業の託児所(お客様の子供を預かる)に勤務していた頃、その会社では私が就職する何年か前に、託児所で子どもに与えていたぬりえの中にディズニーのぬりえをコピーしたものがあったそうです。
(プーさん、カーズ、ニモ、リトルマーメイドやアリス等)
そして子どもが上手にぬり終わると壁に張っていたりしたのですが・・・
会社がディズニーから警告を受けました。
壁面装飾などに、ディズニー系を使うことは避けましょう。ほんとにあった怖い話ですよほんと(笑)
「PriPri」などの保育系雑誌の付録型紙や、キャラクターものでない、「ただのクマ」「ただのうさぎ」などを使うと、安全ですw

プリプリ2018年4月号  ([レジャー])

新品価格
¥1,111から
(2018/2/28 12:17時点)