保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
長く働きやすくなるコツ

休み希望のスマートな通し方

プライベートの時間を充実させないと、いいお仕事はできませんよね。
しっかりとオフを取ることは、身体の元気を回復させるのはもちろん、精神衛生的にも、とっても重要です。

「なんだか、申し訳なくて・・・」
「この日は他にもお休みを取る人がいて人が少ないから・・・」
「遊びや美容室に行くって事で有休を使うなんて悪いことを
してるみたい」

 

img/s-231068.jpg” />




そう言って、自分の欲しい休み希望を言えずにいる人がめっちゃ多いです!!
お休みを充実させるのは、労働者の権利です。
後ろめたいことなんて、なんにもないです。
せっかく頂けるお休み、頑張って働いてゲットした有休を、「インフルエンザにかかった時しか使えてない・・・」じゃあ、あまりにも悲しいです・・・。でも、確かに、保育の現場は人手が少ないのも実情。
そして、日によって休み希望がかぶり、その日出勤したあなたが、人手が足りないおかげでめちゃめちゃ忙しい思いをして、『周りにこんな迷惑かけられないよなぁ・・・』と感じて、それによって自分の欲しい休み希望が言えないという気持ちもわかります。
ですけど、、ライフワークバランスをしっかり取って、自分が働きやすくなかったら楽しい保育士の仕事はただの苦行になってしまいますよ。
それじゃあ、出来るだけ人に迷惑をかけず、かつ自分の希望通りor希望に近い休み希望をどうやって通せばいいのか?をお教えします。

人に出来るだけ迷惑をかけないスマートな休み希望の通し方

一にも二にも、分かっている予定なら出来るだけ早く一番偉い人に休みを取りたいと伝えておくこと!
これが最上です。
私の職場には、子育てをしている保育士ママがたくさんいます。大事な一人娘の高校入学式、絶対に出たいということで、この保育士ママは
我が子の学校の年間行事予定表が出ると、半年先の予定まで園長に前もって伝えています。最初に話を通しておいて、予定の日が近づいてきたら、確認という形でもう一度話をして、しっかりと人員配置に漏れがないように準備してもらってます。
シフトを作る人がよっぽど管理能力メッタメタでない限り、それだけしっかりと前もって伝えておけば、自分が休んでも職場が回る人員配置を組んでくれますはずです。子どもの予定だけではありませんよね?例えば、平日しか予約が取れない美容室・脱毛サロン。温泉旅行などなど。
予約の日付さえ分かっていれば出来るだけ早く、誰よりも早く、お休みの打診をします。
もう決まってしまった勤務体制の場所に、後から休み希望を出そうとするから周りに迷惑がかかるのです。

休みを取りそうな人がたくさんいそうな日に希望を通したい場合

お盆の連休の前や後など「ここでお休みを取れば連休になる」という日などは誰でもプライベートの予定を入れたく、休み希望が出てくると思います。
結論としては、早めに言っているんだから、遠慮せず取る!です☆
もちろん、前述したとおり、早め早めに伝えてあることが前提ですよ!
お休みを取ったことを申し訳ないと思うのではなく、その代わり普段の働きの中で「休みをしっかり取れたことへの感謝・まわりへの気遣い」を忘れないように、いい働きっぷりを見せてありがとうを伝えてきましょう。
そうすれば、自分も、まわりも気持ちよくプライベートを充実させることができると思いますよ!