保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
長く働きやすくなるコツ

愚痴や陰口の話題に乗らない

保育士が働く職場は、たいてい女性が多く所属する職場です。
そうすると、自然発生するのが『ぐち、陰口』『不満のぼやき』などです。
女性は心理的に噂話が大好きな生き物です。そして、それを話のとっかかりにして、会話を楽しむという場面も多く目にすることでしょう。同じ空間にいて、自分以外の人が、その場にいない人の陰口や上司の愚痴で盛り上がっていたら、出来る限りその盛り上がりには乗らないでください。

もし、その話題を振られたり愚痴に同意を求められたら

無視はできないでしょうから(無視は、険悪な空気にしてしまいますね・・・)
YESでもNOでもなく、違う話題に変えてしまうなどしてしまうか、あいまいに濁し、愚痴を好む人たちに「この人は話し甲斐がない」と思わせてしまうと良いでしょう。
そういう人は話題に乗ってこない人に対してはつまらないと感じ、より話に乗ってくる人と固まって話したがります。
職場全体が、愚痴や陰口をいう人の塊で、話さなければ疎外感を感じてしまい、そういった話に乗ってしまう・・・という人もいますね。
ですがそんなの関係ありません。グチや陰口は、確実に自分にとって損です。

皆がのってるのに、なんでそれでも陰口は言っちゃいけないの?

私はこれを読んでいるあなたに問います。
あなたは、自分の知らないところで、陰口を言われたいですか?
根も葉もないような想像も付け加えられ、ゴシップのネタにされたいでしょうか?
私は、絶対に嫌です。
ですから、人にもしません。

陰口なんて言われたい人、いるでしょうか?
おそらく、いないと思います。

話さなければ疎外感を感じてしまい、そういった話に乗ってしまう・・・
という人もいますね。

と先ほど書きました。つい流されてしまい、話に乗ってしまう人の中には、実は嫌々乗っている人もいます。
(もちろん心の底から楽しんでいる人種もいます)
あなたがぐちや陰口に乗ってしまえば、その場にいる人に
「この人も、他人がいないところでその人を笑いものにする人種なんだ」と
思わせてしまいます。

知らないところで、何を言われているかわからない…
私のことを笑っているのかもしれない…

 

img/pict2-082245-compressor.jpg” />




疑心暗鬼になり、ギクシャクしてしまう事が目に見えます。
ここぞというという時の信頼関係に、ヒビが入ってしまいます。
自分がされたくない事には、人にもしない。
強い意志を持って拒絶しましょう。
最初は、お堅い人、なんて言われてしまうかもしれませんが、この人はそういう人なんだと思ってもらえると、あとあと非常に楽です。
ちなみに私は、休憩室でそういう話が始まりそうになりましたら、背を向けて横になり仮眠を取ります。
特定の陰口好きな保育士が2名以上居れば、その人達だけで盛り上がってますし、その中の誰か一人の休憩時間が終わり、私とそういう保育士の2人きりになれば、私には陰口系の話を話しかけてこず、向こうも横になったり携帯をいじったり静かに休憩しています。
私にそういう話題を振っても仕方ない・この人はそういう話をしない人と認識されているのです。
精神衛生的にも、非常に過ごしやすいと思っています。