保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
妊娠したら気にしたい7つのこと

サポートはコミュニケーションにかかっている?

保育士として働いているうちに、妊娠をしたら出来るだけ早く園長や上司に報告しましょうね!保育士の仕事って、動き回ることが多いからです。
やる気はみなぎっていても、避けたほうがいい場面がどうしても出てきます。そんなときに、周りのサポート・協力が無いと、臨月まで続ける事はなかなか大変です。
まずは園長や上司に妊娠した事を報告し、以降どのように配慮してもらえるか等、周りのフォロー態勢も園側は決めなくちゃいけないので、しっかり相談しましょう。

幼児クラスは、妊婦保育士にはけっこう大変かも?

知り合いの保育士は、元々市の正職員として働いていました。1人目が小学校に上がり、2人目の子どもが欲しいなぁと思ったとき、「幼児クラスの担任を次年度してもらう予定だから、妊娠はやめてくれ」と言われ、職場を変えたそうです。
行事の準備、園庭での運動遊びやプール遊び、怪我や何かで大きな幼児さんを抱きかかえて動くことも時々あります。幼児クラスは一人担任制がほとんどですので、もしこの1年のあいだに妊娠を希望しているなら、幼児クラス担当は避けておいたほうがいいと思いますよ!
妊娠出産は個人の自由とは言いますが、やっぱり一人の先生で30名近くの子どもを担任する幼児クラスですから、年度の途中に担任が変わることは、園にも子どもにもかなり迷惑をかけてしまうことが予想できます。
上に書いた、「妊娠しないでくれ」というそのほかの自分にできることをしっかりとこなしてください。
今私の働いている保育園では、一人妊娠中の保育士さんがいます。初期の頃はクラスに入ってそれまでと変わらぬ業務をしていましたが、お腹が大きくなってきた今は、行事の準備の制作物や、備品の修理などを一手に引き受け、完全にフリー作業専門です。
時々乳児クラスでお昼寝明けの着替えの場面などで人手が欲しい時に補助に入る位で、あとは職員室でせっせとお誕生会のメダルを作ったり卒業式のアルバム作りなどをしています。
周りの保育士はみんなそれを了承して、彼女を気遣いながら、制作物などを信頼して全て任せています。その分彼女ができなくなってしまった部分に今まで空いた時間にフリー作業をしていた保育士が入って、という感じでスムーズに現場は回っています。
非常に眠くて仕方ないという時などは、休憩時間に使われていない応接室で横になることもOKだそうです。
園長や上司に報告して、作業の分担を配慮してもらう事は、安全に妊婦さんがお仕事を続けるためには必要ですし、職場の側が妊婦さんを受け入れると言ったなら、配慮をしてもらうべきです。更に、日頃から良好な人間関係を築いていればこそ、こうしてまわりがサポートに協力してくれるんです。

img/s-833456.jpg” />




人間関係は、くれぐれも大事にしてくださいね!
また今の職場がどうにも協力的じゃない…という時には、結婚・妊娠という前に人間関係が良い職場に転職をしておくの、アリです(^^)