保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
実践ほいくのコツ、実例集

流行る前に予防接種は受けておく

子どもは、保育園や託児所という、人生で初めての集団生活を始めて、たくさんの病気を経験します。
保育園では、年中何かしらの感染症にかかった乳幼児がいて、言ってしまえば保育園は病気のデパート状態です(笑)

子どもは顔を背けて咳をしない

見出しの通りです。子どもは、こちらの方を向きながら、手で覆いもせず咳もくしゃみもします。
よっぽど感染力の強い溶連菌感染症やはしか(麻疹)が大流行している時や、保育士が妊娠中で風邪も避けたいという時等でない限りは、「保育は表情を見せることが大切」ですから、まずマスクはしません。
子どもの病原菌を一方的に浴び続けることになります…。
入園したての子どもと同様、新任の保育士も最初の一年はいつもなにかしらの風邪をひいたりインフルエンザをもらいやすいものです。
風邪程度なら、働いていくうちに体も慣れ、そんなにうつらなくなりますが、「インフルエンザ」「はしか(麻疹)「風疹」「おたふく風邪」などは、慣れではなかなか防げません。
そして、大人が一旦かかると重症化しやすいものです。
職場的にも、人手が欠けてしまうので迷惑をかけてしまいますし、なにより高熱が続いたりつらい症状が何日も続き、自分自身が本当に辛い思いをします。

予防接種を受けておく事をおすすめします

予防接種を受けていると、大幅に感染を防げ、万が一かかった場合にも重症化を防ぐことができます。
また、もしこれから妊娠を希望する保育士さんでしたら、不妊につながるおそれもある上記(特にインフルエンザ以外)は接種を推奨します。

職場・自治体によっては予防接種に補助が出ることも

こういった「感染症をもらいやすい職場」ですから、職場独自・または自治体で予防接種時に補助金が出ることもあります。
地域などにもよって違いますので、予防接種を受けようと思った時には園長や、自治体の広報など、情報を集めてみてください。
大好きな仕事をしていて、自分が子どもを授かれなくなるなんてあまりに悲しすぎます。自分の健康は、くれぐれも大事にしてください。

保育士が出来る限りの対策をしておこう

夏にしろ冬にしろ、特定の種類の感染症にかかる子が続いて出たら、その情報は園内で共有されると思います。
夏ならヘルパンギーナや水疱瘡、冬ならおう吐下痢症やインフルエンザと言った具合です。
まず、情報が出たら、どんな風にその感染症が移りやすいのかキチンと調べます。
飛沫感染しやすいのであれば、しっかり換気をしたり、マスクをします。
オムツなどの処理が甘いと起こりやすいおう吐下痢症は、トイレ介助やおむつ交換の時に消毒や後処理を丁寧にやれば、感染する可能性がかなり低くなります。

(PM2.5対応)快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入

新品価格
¥550から
(2018/3/2 00:03時点)

【第3類医薬品】浅田飴AZうがい薬 100mL

新品価格
¥560から
(2018/3/2 00:03時点)


※アズレン配合のうがい薬は、イソジン配合タイプのうがい薬に比べて皮ふ刺激が優しく、かつ消炎作用は強く優れています。
喉が痛い・ちょっと炎症が始まったとき等には抗炎症作用が心強いです。
風邪や感染症にかかってしまうと、もちろんしんどいし、休まなくてはならない場合には心苦しいですよね。
どれだけ気をつけていられるか、普段からしっかり体力があるかどうかで、かなり感染症にかかる可能性が変わってきます!
<% module(アクトレ保育のお仕事バナー好条件あります!) %>