保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
実践ほいくのコツ、実例集

行事は前もって流れを知っておこう

保育園では、四季を大切にした行事や、お誕生会などのイベントが、毎月なにかしら予定されています。補助保育士・フリー保育士であれば、行事の補助・サポートを頼まれることも少なくないです。
いかに、スムーズに行事をサポート・進行できるか、それは
「事前に流れを把握しているかどうか」で100%決まります!!

行事計画案をもらい、当日の流れを事前に聞いておく

働き始めて始めて経験する行事でしたら、進行などに関しては全く予備知識0の状態だと思います。
ですから、前もって主任保育士や、当日のその行事の担当の保育士に行事計画案を手に持ちながら、当日の流れをざっと聞いておきましょう。
当日子どもがどこから来て、何をして、どこに戻るか等は、把握しておいたほうが絶対に、いいです。
質問をするときにも見当違いでない的確な質問ができ、結果教える側もピンポイントで教えることができスムーズに補助をこなすことができます。

考えられる事をひとしきり聞く&当日はやる事を探す気持ちで!

前日までに、行事計画案を読んでみて、何か気になることがあれば早め早めに聞くといいでしょう。
(この舞台装置はどのタイミングでどこにどかす?作業していないときの自分の待機場所は?など)
そして当日は、支持のあった作業をやり終え、もし手が空いていると感じたなら積極的に行事担当や周りの保育士に、今できることはあるかを聞いて、無駄に時間を過ごさないように心がけてください。
聞くことができる人は、仕事の出来る人になる一番の近道です♪