保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
実践ほいくのコツ、実例集

保育士は必ず楽譜は読めなきゃだめ?

こういう質問はとても多いです。
それだけ、実習にくる位の若い保育士の卵(学生)や、若い保育士にとっては大きな悩みなのでしょうね。
どんなに頑張っても、人間には得手不得手があります。
どうしても保育士を目指す若者が集まってくる大学や短大・専門学校では「昔からピアノを習っていました」という人が一定数は必ずいます。
全くの初心者である人は、そのスラスラと楽譜を読んでメロディを口ずさむ様子を唖然と見つめる光景が必ずあります。
そこで、絶望してしまって「楽譜は読めなきゃ絶対だめなの?」という質問につながるのだと思います。
私が昔通っていた専門学校でも、保育士を目指す男子学生の中に、どんなに頑張っても壊滅的に楽譜が読めないという人がいました。
ただ、その人は生まれ故郷の地方自治体の試験に合格し、立派に公立保育園の正職員として活躍しています。

本当に、楽譜は読めなくちゃだめなんだろうか?

結論は、そんなことありません。
楽譜が読めなくたって、保育はできます。
ただ、何事も「できないよりはできたほうがいい」という側面はありますよ。

例えば、近々行事・イベントがあったとして、子どもにこの歌を歌わせます、と職員にも楽譜のプリントが回ってきたとします。
あなたが、知らない曲名・知らない歌です。
こういった時に、楽譜が読めてメロディが頭の中で想像できると、子どもと一緒に歌うことができます。指導する立場なら必須です。
もし、どうしても読めないのなら、同僚の先生にメロディを聞いてみたりピアノで弾いてもらって耳で覚えておくということもできます。

壊滅的に苦手でも、やっていれば少しずつですが慣れてきます。
興味を全て投げ出してしまわず、少しだけでも・・・と、取り組む気持ちは大切にしたいものですね。