保育士が『楽しく長く働く』ためのサイト
保育士の職業病について

保育士の腰痛予防に大事な3つの事

腰痛は、特に悩む人が多い職業病の一つです。
0~3歳の乳児クラスでは、おぶったり抱っこをして寝かしつけたり、抱っこをしてあやしたり、一緒に遊んだりすることが非常に多いです。
そして、例えば寝かしつけの場面ですと、立って抱っこして、ゆらゆらとゆったり体を揺らし、子どもがウトウトできる心地の良い状況を数分~長ければ数十分、1時間ほど、続けなくてはなりません。
子どもの体重は乳児でも、10キロ前後はあります。子どもを同じ姿勢で抱き続け、揺すり続けていると、体幹が弱い人は腰に疲れがたまりやすく、痛みが出ることもあります。
子どもの顔の位置に合わせて行動するとなると、しゃがむ、中腰での行動が殆どです。
歩くようになっても抱っこをする機会がほぼ毎日あるますし、乳児といえど「せーんせーー!」の体当たりがかなり腰にきます笑
幼児クラスでも、スキンシップで抱きついてくる子もいますし、緊急時は抱きかかえて運ぶこともあります。
腰痛は、多くの保育士が経験する物だとおもいます。
ただ、皆がよく経験するから我慢するべき!というのは違いますよ!
個人差もあるし、自分にとっての苦痛を我慢し続けるのは肉体的にも精神的にもかなりつらい事です。特に腰は、ヘルニアにでもなったら、プライベートもぶち壊しになります・・・。

予防は、正しい動き方と休息!

保育士をしていると、子どもの急な動きに合わせて、自分の力以上の動きをしなくちゃならないときもありますよね。
噛みつき事故が起こりそうで、ギリギリ手を伸ばせば届くかも!という場面なら、間違いなく体をバッと伸ばして止めの手を出すだろうし。こういうとっさの時にも、あまりに無理な体制にならないような工夫や日頃の注意を持っておくといいですね。
子どもと一緒に体操をする場面などに、しっかり体を伸ばしてストレッチをしておくのも良し!
斜めに急に態勢を変えるというのを極力避ける!
子どもを抱っこしたり、物を持つ時にはしっかりしゃがんで持ち上げる!
細かい事ですが、日ごろ気にしておくだけで腰痛予防には絶大です。
そして、長く抱っこやおんぶをしていて腰がだるいな・・・と感じているときは特に気を付けて、ストレッチで伸ばしたり、家に帰った後にお風呂でゆっくりあったまったりして、可能な限り疲れをとっていきましょう。
疲れると、からだがこわばって、昨日は大丈夫だった急な動きが今日は駄目だった~~~!イタタタタ!!ということも無きにしもあらず・・・(実体験^^;
地味ですけど、本当に、日ごろのケアが大事です、ほんとに・・・。腰が痛いと、保育士のお仕事は苦行です。職場に行きたくなくなっちゃいますもん・・・。

腰痛予防法として大事な3つのこと

・体幹の筋肉を鍛えて、腰を支えられるようにする。

腹筋、背筋、太ももの筋肉がしっかりついていると、かなり腰痛の予防に効果的です。腰痛を自覚したあとでも、出来る範囲でやストレッチ、筋トレを持続していくと改善に役立ちます。また、プロポーションも良くなりますので、痛み防止だけでなく自分自身にとってもメリットです、是非試してください。
腰痛にならないように意識した体の動かし方をすることも役立ちますね。

中腰で横方向や斜め方向への体重移動をできるだけ避ける

真っ直ぐ立ち上がり、真っ直ぐ腰を下ろす。


意識するだけでもだいぶ違うはずです。

腰への負担を溜めないようにする

大きく痛めてしまう前に予防する、という対策です
筋トレ等で、筋肉のサポーターを作り腰を守るというのも大事ですが、筋肉はどうしても大きくなる前に固くこわばるという特性があります。筋肉痛がいい例ですよね・・・。
こわばったまま無理に動かそうとすると筋肉組織は痛んでしまいますから、うまくほぐし、こわばって緊張状態の筋肉を柔らかくしてあげることが、筋肉を作るために大事だったりします。で、・・・なかなか専門知識がないと、痛めずにしっかりほぐすって難しくて、家に帰ってストレッチをしようとして、余計に痛めてしまうこともあります。
私はなんだか腰がだるいなぁという状態で、仕事で乳児を抱き上げた瞬間にぎっくり腰になって動けなくなってしまったことがあります…(当時はまだ27歳だったのに・・・)
筋肉の疲れが取れてないような状況で、翌日まで持ち越してしまったなぁと思っていたところに大爆発が来てしまい、酷い目にあいました^^;
整骨院はよっぽど捻挫や挫いてしまったという時じゃないと、保険が利きません。
マッサージ屋さんは90分4500円くらいかかってしまうので、コンスタントに通うのは辛いです・・・

実際のところ、ゆっくりお風呂に入るのが近道かも

私は腰の疲れがたまってきたら、ゆ~っくり入浴剤を入れてお風呂に入るようにしてます。それこそ、スマホを持ち込んでのんびり見ながら・・・笑